アンティーク陶磁器ガラス銀器 > ティーボウル18世紀〜 > 古ウースター・ティーボウル碗皿フェンスパターン
          ★【右クリック>新しいウィンドウで開く】で、拡大画像が表示されます★

古ウースター・ティーボウル碗皿フェンスパターン






古ウースター・ティーボウル碗皿
フェンス・パターン
1770-80年代頃、Dr.ウォール期
創立者ウォール博士が経営していた第一期の製品。
窯印は大振りな三日月

ありがとうございました。売り切れました。

商品番号 C2208
商品名 古ウースター・ティーボウル碗皿フェンスパターン
定価 100,000円
売り切れました 0円
コンディション SOLD
送料区分 送料別
配送タイプ ヤマト運輸【宅急便】税込み

数量:

銅版転写とフェンス・パターン
磁器へのデザイン転写はウースターで始められました。18世紀後半のことですから意外と早くから転写ものがあったということになります。中でも有名なのがここにある フェンス・パターン というデザインです。中国の染付を西洋風にアレンジしたもので右はしにジグザグに垣根(フェンス)が描かれています。

●コンディションは最高。(写真をご参照下さい)
●独特の青緑がかった釉薬、糸底の周囲に釉薬がかかっていない、などの特徴がある。
●比較的大振りな三日月の窯印は初期に特有のもの。後期のものは三日月がずっと小さくなる。

ティーボウル (Tea Bowl)
マイセンなどで磁器が作られる前、中国から輸入されていた貴重な磁器の茶碗にはハンドルがありませんでした。そのため西洋でもハンドルの無いティーボウルが作られました。特に英国ではティーボウルに対する愛着が根強く、マイセンなどがハンドル付きに変えた後も、19世紀初頭までティーボウルを作り続けました。

ソーサーの真ん中の窪み
19世紀初期までのソーサーには真ん中の窪みが無い。当時はカップをソーサーの片側に寄せておき小さなお菓子を乗せていたらしい。19世紀半ばにソーサーに窪みが付いてカップの座りは良くなるが、お菓子を乗せる皿が必要になる。そしてケーキ皿付きのトリオが一般的となった。

ウースターの釉薬(うわぐすり)
ウースターでは、中国や日本の磁器の青みを帯びた色合いを再現するため、青みがかった釉薬が使われました。また器の底には釉薬がかかっていない部分があります。余分な釉薬がたれて窯の中で貼り付くのを防ぐため、底の一部分に釉薬をはじく材料を塗っていたとされます。 

 

問い合わせはお気軽に

  より詳細な画像、別アングルの写真、商品の状態など、お問い合わせはお気軽にどうぞ。  商品説明下の [ 商品について問い合わせ ] ボタンよりお問い合わせ下さい

 

ファックス でも
ご注文頂けます

画像の色合いについて

  商品画像の色合いはお使いのPCの機能に左右されます。実物とは異なって表示される  場合がありますのでご了承ください。液晶の場合白っぽく映ることが多いようです。

 

 【ファックスご注文用紙】をお使い下さい。 こちら をクリックして表示される画面を印刷して下さい。

         

配送について

 当店では、お客様に商品を確実にお届けするため、 全ての商品について  ヤマト運輸の宅急便  

   使い ます。 送料は地域により異なりますが、大きさに関わらず最安料金にさせていただきます。

送料&お支払

  ★お買い上げ 【1万円以上で送料無料】 とさせていただきます★
 
「クロネコ@ペイメント」(ヤマト運輸の決済サービス)を使っていますので

 クレジットカード(注文時払い、確認後発送)、 コレクト(代引き、即時発送可) がご利用出来ます。 
       詳しくは 
お支払い&配送 のページをご覧下さい。 

   SSL情報暗号化システム対応       
   ご注文(カート)お問い合わせページでは入力情報はSSLにより暗号化されますので安心してご利用ください。
   株)ワダックス提供による 128bitの高度な暗号化とセコムトラストネットにて認証を受けた正規のSSLを利用しています。

↑ページ先頭へ