アンティーク陶磁器ガラス銀器 > カップソーサ19-20世紀 > クラウン・ダービー、ジャポニズム碗皿(A)
          ★【右クリック>新しいウィンドウで開く】で、拡大画像が表示されます★

クラウン・ダービー、ジャポニズム碗皿(A)





矢印部に金彩ハガレ

矢印部に金彩ハガレ


ロイヤル・クラウン・ダービー窯1891年英国製
円高によりお買い得な安値でご提供中

商品番号 D131
商品名 クラウン・ダービー、ジャポニズム碗皿(A)
定価 30,000円
売り切れました 0円
コンディション ★★★★☆
送料区分 送料別
配送タイプ ヤマト運輸【宅急便】税込み

数量:

●文様化された菊と牡丹、金銀彩、盛り上げ、アイボリー地、余白を生かした絵付け、などジャポニズム色が濃いカップ&ソーサー。
●19世紀半ば以降、盛んに輸出された、薩摩焼や、金属工芸のデザインを陶磁器で表したもの
●窯印の下の記号で1891年製造であることが分かる
●状態は非常に良い。ワレ、カケ、ヒビの類いは一切無い。ただ、ソーサーのフチに2〜3ヶ所金彩のスレ(ハガレ)がある(画像参照のこと)


ジャポニズムJaponisme

19世紀後半のヨーロッパでは諸外国の文化工芸を紹介する博覧会が流行しました。第1回はロンドンで1851に開催されました。そして第2回ロンドン万博1862、第2回パリ万博1867、ウィーン万博1873には、幕末の日本から薩摩藩、佐賀藩(ウィーン万博1873には日本政府も)の陶磁器、漆器、金属工芸などが出品され、日本の美術工芸品が流行の最先端になりました。この動きをジャポニズムとよびます。後にアールヌーボーを産む大きなきっかけとなったことは有名です。

このため19世紀後半のイギリスの陶磁器業界では日本の美術工芸品の雰囲気を真似た製品が作られました。特にロイヤルウースターとクラウンダービーは有名です。薩摩焼を真似た象牙色の地色に金彩を施し、漆器の蒔絵を真似て金銀彩や青金・赤金の盛り上げを施した陶磁器が作られました。

ジャポニズム以前にも日本の美術工芸が流行したことはあります。17世紀末〜18世紀には柿右衛門、漆器とそれを模した黒塗りの家具、19世紀には金襴の献上伊万里が流行しました。ただし当時は中国と日本の区別が無く、総じてシノワズリ(中国趣味)と呼ばれていました。19世紀のジャポニズムは中国とはっきり区別して日本の文化が認識されたものです。

 

問い合わせはお気軽に

  より詳細な画像、別アングルの写真、商品の状態など、お問い合わせはお気軽にどうぞ。  商品説明下の [ 商品について問い合わせ ] ボタンよりお問い合わせ下さい

 

ファックス でも
ご注文頂けます

画像の色合いについて

  商品画像の色合いはお使いのPCの機能に左右されます。実物とは異なって表示される  場合がありますのでご了承ください。液晶の場合白っぽく映ることが多いようです。

 

 【ファックスご注文用紙】をお使い下さい。 こちら をクリックして表示される画面を印刷して下さい。

         

配送について

 当店では、お客様に商品を確実にお届けするため、 全ての商品について  ヤマト運輸の宅急便  

   使い ます。 送料は地域により異なりますが、大きさに関わらず最安料金にさせていただきます。

送料&お支払

  ★お買い上げ 【1万円以上で送料無料】 とさせていただきます★
 
「クロネコ@ペイメント」(ヤマト運輸の決済サービス)を使っていますので

 クレジットカード(注文時払い、確認後発送)、 コレクト(代引き、即時発送可) がご利用出来ます。 
       詳しくは 
お支払い&配送 のページをご覧下さい。 

   SSL情報暗号化システム対応       
   ご注文(カート)お問い合わせページでは入力情報はSSLにより暗号化されますので安心してご利用ください。
   株)ワダックス提供による 128bitの高度な暗号化とセコムトラストネットにて認証を受けた正規のSSLを利用しています。

↑ページ先頭へ